英語力を維持するために日常的にやっている2つのこと

パーソナルトレーナーYurieです。

 

言語はツール。
使っていないとどんどん衰えるし
逆に、使えば使うほど磨かれます。

 

2011年の帰国以来
年々、英語を話す機会が減っているので

せっかく取得した英語力を落とさないようにしよう

と心に決めて
英語力を落とさないために
欠かさずにやっていることが2つあります。

 

Amazon Primeで海外ドラマを見る

 

AmazonPrime会員は無料で見ることができる
ドラマや映画も多数あります。

 
  
専門用語が多すぎる内容の時は
字幕をつけて見ると新たな学びがありますし

リスニング強化の時は、字幕なし。 

 

ドラマは特に
生きた英語が聞けるのでおすすめです。

 

私の一番のオススメは
White Coller(ホワイト・カラー)

スマートなドラマで
見ているだけでニューヨーカー気分です。

 

主人公Neal、上司Peterや奥さんの
小洒落たジョークに品があって好きです。

 

もう一つ好きなドラマはは
Drop Dead Diva (私はラブリーガル)

 

こちらもスマートな会話、
主人公ジェーンとその彼のジョークが好きで
また見たい!と思わせてくれます。

 

このタイトル、DropDeadって
突然亡くなるという意味もありますが


目を奪うような魅力的なという意味もあって
言葉がドラマの内容とも掛けられているんです。

 


私はラブリーガルという日本語タイトルも

 
ラブ・リーガル(主人公が弁護士なので)
ラブリー・ガール

 
という風に掛けられていて
タイトルだけでも勉強になります!

 

ちなみに、
私は真面目なドラマは疲れてしまうので
見るのは必ずコメディー要素の入っているもの
そして明るいものを選んでいます。

  
自分の好きなジャンルで選ぶといいですね。

 

東京だとテレビ東京が
何かしらの海外ドラマを放送しているので

毎週それを録画して
見たいドラマが録画されていたら
隙間時間に見るようにしています。

 

 

YouTube

 

ネットの発達は
語学の勉強の敷居を相当低くしていますよね。

 

 

日本語を学んでいたアメリカ人の友人も

 
日本語の教科書なんて昔は買えなかったのに
今ならネットで買えるなんてー

と嘆いていましたが

 

YouTubeを駆使しないのは勿体無い!

 

英語力の基本
リスニング=インプットです。

 

インプットなしにアウトプットは不可能なので
よくわからなくても聞く。

これ、大事です。

 

留学中のことはまとめて書きますが

 
留学してから1年間は
英語力を上げるために

テレビやラジオ、映画や音楽を
大量に見聞きしていました。

当時はネットフリックスがなくて
Blockbasterの
(ネットフリックスができて潰れた有名なレンタルビデオ屋さん)
1ヶ月2000円弱くらい?でDVD借り放題
というのを半年くらい続けて
店中のラブコメディーDVDは
ほぼ観尽くしました!笑
 (2000年代、2005、6年あたり)

 

突然ネイティブの中に頑張って混じって
会話しようとするよりも

 

(ちょっと孤独ですが)
とにかくインプットを増やすこと。

 

これが


圧倒的に時間の有効活用だった
と思っていますし

今でも英語力を落とさないために
この方法が役に立っていると思います。

 

・・・話をYouTubeに戻して
バイリンガールのChicaちゃんの動画をよく見ています。

 

 
あと、使えるのは
海外の人が投稿している動画。

海外の方が日本よりも
YouTubeに投稿している人が
圧倒的に増えていて

 

アメリカの大学生活とか
日常生活を投稿している人も多いです。

 
そういう動画を見るだけで
リスニング強化に繋がりますし

動画なので視覚情報もあるので
飽きずにできます。


 

本当に素晴らしい時代ですね!

 

ぜひ、活用して見てください^^

 

P.S.
あとは、英語でのインプット(論文や教科書)は
ずっと続けていて
それがReadingのトレーニングになっています。

パーソナルトレーナー
インストラクターとして
夢を叶えながら自由に生きるための
メールレター

ご登録はこちら↓
https://www.agentmail.jp/form/ht/15116/1/

コメントを残すにはログインしてください。